ドロップシッピングの特徴

 

ドロップシッピングというネットビジネスをご存知でしょうか?

ドロップシッピングというのは聞いたことがない人も多いかもしれませんが、ネットビジネスにおいて割と有名な手法になります。
アフィリエイトなどと比べるとやや知名度が落ちるかもしれませんが、こちらもおすすめできる方法なので、興味のある方は是非知っておいていただきたいと思います。

ドロップシッピングというのは通販サイトを運営してお金を稼ぐという手法に近いですが、それとは違う部分もあります。
簡単に言えばネットショップ運営の悪い部分だけを除外した手法と言えると思います。
通常は自分で商品を仕入れて、それを販売するというのがネットショップ運営になりますけど、ドロップシッピングでは商品を仕入れる必要はありません。

じゃあ、何をどうやって売るのか?というと、普通に会社が取り扱っている商品を売ることになります。
ドロップシッピングのASPと言われるサイトに登録し、そこに掲載されている品から好きなものを選んでサイトに掲載して販売できるのです。

この場合、在庫はその商品の会社にあるので、在庫を抱える心配がありません。
特定の会社が扱っている商品の注文の受付をするサイトを運営するということになります。

つまり、自分のネットショップにてユーザーは商品の注文をするのですが、注文を受け付けたら、それ以降対応するのは商品を販売する会社などになります。

だから、発送作業などをする必要もないので、手間が大幅に削減されるという特徴があるのです。
ネットショップ運営のデメリットとして何があるのか?というと、やはり在庫を抱える可能性というのがまず大きいです。
在庫を抱えてしまうということは収支にかかわることなので、それを避けたいと思うはずです。
ただ、ドロップシッピングでは在庫は一切抱える必要がないので、収支においてそこは大きいです。
商品を販売する会社が在庫を抱えることはありますが、自分には一切関係がないということになります。
そして、発送までの手間もデメリットの1つになるでしょうけど、それがほとんどかからないというのも特徴になります。
自分のサイトから注文があったときには、そこからの対応は全て商品を販売する会社などが行うので、自分は商品の宣伝をしているだけという感覚に近いです。

そういう意味ではアフィリエイトにも近いですが、ネットショップ運営の特徴もあるということが言えると思います。
ドロップシッピングを始めるにはネットショップのサイトを作らないといけませんが、ドロップシッピング用のサイトの制作を行っている会社があるので、そこに頼むとそれなりの費用で作ってくれます。
あとはASPに登録して、そこから売りたい品を選んで販売していくと良いのです。
割と始めやすいネットビジネスですし、リスクがほとんどなくて手間もほとんどいらないというメリットが特徴的と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。